CM・パンク

AEWロースター 所属男性レスラー
スポンサーリンク

AEW所属の男性プロレスラー、CM・パンクの紹介です。CM・パンクの紹介動画、プロフィール、経歴、フィニッシャー(必殺技)、タッグチーム/ユニット、入場曲、補足情報を掲載しています。

 紹介動画
  • マット・サイダル戦
  • ダックス・ハーウッド戦
 プロフィール
  • 身長: 183cm
  • 体重: 85kg
  • 生年月日: 1978年10月26日
  • 出身地: アメリカ、イリノイ州シカゴ
  • ニックネーム: ザ・ベスト・イン・ザ・ワールド
 経歴
  • デビュー: 1999年
  • 団体: インディー団体転戦(MAW、IWA、ROHなど)→TNAなど→WWE→UFC(総合格闘技)→AEW
 フィニッシャー(必殺技)
  • GTS【ゴー・トゥー・スリープ】(ファイヤーマンズ・キャリーの体勢から相手を前方に落として顔面に膝蹴り)
  • アナコンダ・バイス(袈裟固めの体勢からV1アームロック)
  • ペプシ・プランジ(雪崩式ダブルアーム・フェイスバスター)
 タッグチーム / ユニット
  • 無所属
 入場曲
  • Living Colour – ♪Cult of Personality
 補足情報
  • CM・パンクというリングネームは兄弟や友人たちとプロレスごっこ(LWFと名付けている)をしていた頃から一度も変えていない。
  • 入場時にイッツ・クラバリン・タイム!(お仕置きの時間だ!)と叫ぶのが定番となっている。
  • インディー団体でカリスマ的な人気を集めると、2005年にWWEと育成契約し、翌年WWEデビュー。デビューからインパクトを残し続け、ECW王座やWWE世界ヘビー級王座など数々のベルトを獲得する活躍を見せた。
  • WWEでは2011年頃からビンス・マクマホン会長や上層部を辛辣に批判(放送中にマイクを切られた事件は有名)するようになり、最終的には試合をドタキャンし解雇された。
  • 2014年に元WWEのAJ・リーと結婚している。
  • WWE退団後はプロレスを引退して総合格闘技のUFCに参戦するが、2戦して未勝利に終わる。
  • ブランクを経て2021年にAEWでプロレス復帰。入団当初は若手レスラーに丁寧なアドバイスを送るなど、バックステージでの評判も良かったが、次第に歯に衣着せぬ発言が多くなり、不信感を覚えるレスラーが増えてきたという。
  • 最近は試合でミスをすることが多くなっており、衰えを指摘する声もある。
  • 2022年オール・アウト後のバックステージでジ・エリートのメンバーとガチの喧嘩をしてしまい、AEW世界王座はく奪と無期限の出場停止処分を受けた。そのまま退団するのではないかと噂されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました