スポンサーリンク

AEWヘッドラインニュース 2021年12月15日更新分

AEWニュース ニュース

2021年12月15日更新分のAEWヘッドラインニュースです。ここ最近のAEWに関するニュースをまとめて紹介していきます。

2021年12月1日更新分のAEWヘッドラインニュースはこちら

クリストファー・ダニエルズが現状と将来について語る

クリストファー・ダニエルズは先日、AEWの現状と将来について語り、リングに戻ってロースターと一緒に仕事ができることを心待ちにしていると話しました。

AEWのテレビで最後に試合をしたのは、バックスとプロレスをした夜で、残念ながら負けてしまい、SCUは解散することになった。その時から何となく自分のリングでの将来を考えていて、やっぱりリングでプロレスをやってみたいと思うようになった。正直なところAEWに行って自分の名前を見ないことが幸せだと言ったら嘘になる。リングに戻り、このロースターで何かをしたい。

また、多くのロースター抱えている今のAEWについて次のようにコメントしました。

もしかしたらクリストファー・ダニエルズがリングに上がることは、多くの若いタレントがいる今のAEWにとってベストなことではないかもしれない。でもそれは俺が決めることではない。俺はまだAEWに貢献しているということも理解している。そして、もし俺の最高の貢献が裏方であると運命が決めたのなら、それはそれでいいんだ。でも俺はまだ準備ができていて、ボードに俺の名前を見た瞬間、靴紐を結ぶだろう。

堕天使ダニエルズも51歳ですか。でも個人的にはまだまだできると思うので、裏方に専念させるのは早いような気がします。AEWダークでもいいのでまた観たいですね。

(情報 Wrestling Inc)

トニー・カーン社長「今後数週間は注目」

トニー・カーン社長は今後数週間のうちに大きな出来事が起こる可能性をほのめかし、次のようにコメントしました。

注目しているフリーエージェントの選手がいるので、ファンは今後数週間に我々が何を計画しているのか注目するべきです。

「ウィンター・イズ・カミング」だけでなく、この先数週間は見続けなければならないと言わなければなりません。ノースカロライナ州グリーンズボロからの「ホリデイ・バッシュ」スペシャルもあるし、クリスマス当日の「ランペイジ」も含まれます。TNTでの最後のエピソードに続いて、TBSでのデビューエピソードもあります。1月には「バトル・オブ・ザ・ベルツ」があります。AEWは見逃せないショーをやっていきたいです。この数週間はプロレスファンにとって本当にエキサイティングなものになると思います。

特に「注目しているフリーエージェントの選手がいる」という部分は気になりますね。WWEは定期的に選手を解雇してますし、2022年の初めにはROHの選手がフリーになります。いったい誰がAEWに来るのか楽しみです。

(情報 Wrestling News)

フックがAEWのリングでプロレスデビュー!

タズの息子フックが先週のランペイジでフエゴ・デル・ソル相手にAEWデビューしました。フックはこれがプロレスデビューの試合となりましたが、堂々とした振る舞いでフエゴを圧倒し、最後は片羽絞め(レッドラムと命名)で勝利しました。片羽絞めといえば父タズのタズミッション。父の使っていた技で勝たせるとは粋なことしますよね。

フックのデビュー戦にAEWのレスラーたちは称賛の嵐。CM・パンク、アレックス・レイノルズ、ショーン・スピアーズ、リオ・ラッシュ、そしてMJFまでもがSNSで称賛のコメントをしていました。

トレントの復帰と母スーのCHAOS加入

首の怪我で1年以上離脱していたトレントが先週のダイナマイトでスーパークリックの攻撃からベスト・フレンズを救出するかたちで復帰しました。髪型が長髪から坊主になっていたのが気になりましたが、切れのある動きは健在でした。

また、ミニバンを運転して一緒に登場したトレントの母スーもCHAOSに加入したと、ロッキー・ロメロがTwitterでコメントしました。CHAOSは大所帯になりましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました