スポンサーリンク

AEWヘッドラインニュース 2022年3月30日更新分

AEWニュース ニュース

2022年3月30日更新分のAEWヘッドラインニュースです。ここ最近のAEWに関するニュースをまとめて紹介していきます。AEW加入が噂されている3人の女子レスラーについてやDDTとの提携についてなど。

2022年3月16日更新分のAEWヘッドラインニュースはこちら

AEW加入が噂されている3人の女子レスラー

元WWEのトニー・ストーム、アテナ(エンバー・ムーン)、ニクソン・ニューウェル(ティーガン・ノックス)の3人はAEW加入が噂されています。

中でもストームはAEWからの関心が最も強く、AEW入りを上層部に激推ししているAEWのレスラーも複数いるそうです。ストームは昨年の12月にWWEにリリースを要求して退団。90日間の競業避止義務も切れて、現在はどことも契約できる状態です。

アテナ(エンバー・ムーン)もAEWが関心を持っているとされる女子レスラーの一人。しかしこちらは今のところインディーでの試合を優先しており、すぐにAEWと契約するわけではなさそうです。

ニューウェル(ティーガン・ノックス)も女子プロレス界で話題になっているフリーエージェント。こちらは昨年の11月にWWEを退団してから試合をしておらず、今後の動きが注目されます。

AEWがDDTと提携

AEWが以前から関わりのあったDDTと提携することを発表しました。今後は積極的にDDTのレスラーをAEWに参戦させる方針だそうです。

そして早速DDTの竹下幸之介のAEW長期参戦が決定。竹下は記者会見で次のように決意を述べました。

DDT25周年で両国国技館という節目もありましたし、僕自身、今年で10年になるんで、10年の使命は全うできたかなと。自分でも納得できるものができたかなと。じゃあ、次に何を夢見ることができるのかと思ったとき、このタイミングで米国に行くというのがベストなんじゃないかなと…

世界一のプロレスラーになるために行くんで、そのためにはチャンピオンになるのも目標だし…ある意味そこがゴールかもしれないですけど。ここ1年、AEWの戦いを見ていて、レベルの高さというところでは、正直、僕自身もDDTのストロングの部分も負けてないという自負はあるんですけど、なんせ狭き門なんで。去年行った状況とも違うし、この1年間で選手も増えて、選手層も厚くなって、行ったから当たり前のように試合が組まれるわけじゃないと思う。1試合1試合がチャレンジになるし、それを乗り越えて、日本、DDTのファンの人たちにも、海を飛び越えて届くくらい活躍するつもりで行きます。

AEWの熾烈な競争の中で、どれだけ存在感を示すことができるか注目です。

ジョーイ・ジャネーラがAEW退団の意向を示す

ジョーイ・ジャネーラが5月1日の契約満了に伴いAEWを退団することを決めたようです。ジャネーラは最近テレビマッチの出演がなくなり、ダークを中心に試合をしていました。

今後はインディー以外での活動を望んでおり、日本で活動することも目標の一つだとコメントしています。

日本のスタイルにも合いそうなレスラーですし、個人的には新日本で観てみたいですね。

ダニエルソン&モクスリー&リーガルのユニット名が決定

先週のダイナマイトでブライアン・ダニエルソン&ジョン・モクスリー&ウィリアム・リーガルのユニット名が決定しました。

その名もブラックプール・コンバット・クラブ。ちなみにブラックプールはリーガルの出身地です。

とても暴力的で恐ろしいユニットが誕生してしまいましたね。ウィーラー・ユウタなども加入を匂わせていますし、今後も大注目のユニットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました