スポンサーリンク

AEWヘッドラインニュース 2022年4月27日更新分

AEWニュース ニュース

2022年4月27日更新分のAEWヘッドラインニュースです。ここ最近のAEWに関するニュースをまとめて紹介していきます。AEWと新日本のスーパーショー開催やインドの大巨人サトナム・シンについてなど。

2022年4月13日更新分のAEWヘッドラインニュースはこちら

AEWと新日本のスーパーショー開催が決定 MJFは興味なし

以前から重大発表を予告していたトニー・カーン社長が先週のダイナマイトでAEWと新日本のスーパーショー開催を発表しました。その名もフォービドゥン・ドア(禁断の扉)。

フォービドゥン・ドアは現地時間2022年6月26日にイリノイ州シカゴで行われます。日本からはFITE TVと新日本プロレスワールド(日本語実況付きライブ)で視聴できるそうです。

今から楽しみなAEWと新日本のスーパーショーですが、それに全く興味を示さない男が一人…そうMJFです。

フォービドゥン・ドアで俺をブッキングしたり、ドリームマッチでタッグを組んだりするのはやめてくれ。やらない。

MJFは以前のインタビューで新日本のプロレススタイルに否定的なコメントをしていました。

俺は何でも観る。新日本以外は全部観る。新日本は最悪だ。何人かクールな選手もいる。例えばグレート-O-カーンはちょっとクールだと思う。でも俺の趣味じゃないんだ。彼らはただ何度も何度も互いの頭を叩き割っているだけだ。

また、MJFはプロレスファンから新日本のジェイ・ホワイトと比較されることにうんざりしている様子。

俺は1日に1000ツイートくらいジェイ・ホワイトという男とツイートされているはずで、本当にうんざりしている。俺はこの男を十分に観ていない。でもこれだけは言える。俺のレベルには誰もいない。だからこの比較のような馬鹿げたことを鎮めるために試合をしたいんだ。

いかにもMJFらしいコメントですね。はたしてホワイトとの対戦はあるのでしょうか。

(情報 Wrestling Inc)

ジョナサン・グレシャムがAEWと契約も脳震盪で負傷離脱

ROH世界王者のジョナサン・グレシャムが新たにAEWと契約しました。

グレシャムは長年ROHを中心に活躍していた小柄なテクニシャン。先日のバトル・オブ・ザ・ベルツでもダルトン・キャッスル相手に勝利し、王座を防衛しました。

しかし、そのキャッスル戦でガットレンチ・スープレックスを受けた際に頭と肩をマットに打ちつけ、脳震盪を起こしてしまったようです。これにより予定されていたProgressとImpactの試合には参加できなくなりました。

脳震盪でキャリアを絶たれたレスラーもいるので、万全な状態に回復することを願うばかりです。

AEWにリングに現れた大巨人サトナム・シンとは

先々週のダイナマイトでサンジェイ・ダット、ジェイ・リーサルとともにサモア・ジョーを襲撃するかたちで登場した大巨人サトナム・シン。

インド出身のシンは身長221cmの元プロバスケットボール選手。高校卒業後、2015年にNBAのダラス・マーベリックスから52位で指名されました。残念ながらマーベリックスで試合に出ることはありませんでしたがインド人初のNBA選手として話題になったそうです。

その後、シンはレスラーに転向するためWWEパフォーマンスセンターでトライアウトを受けたりしていましたが、2021年の9月にAEWと契約。先々週のダイナマイトに登場するまで、じっくりと育てられてきました。

AEWの関係者によれば、シンはトレーニングで良い態度と学ぶ意欲を見せており、一部の人を驚かせるようなトリックを秘めているとのこと。

かつてWWEにいたインドの大巨人グレート・カリを彷彿とさせますが、元バスケ選手だけあってカリより俊敏性があるのかもしれません。どれだけやれるかデビュー戦が楽しみです。

ジャック・エバンスのAEW退団が決定

AEW旗揚げ当初から在籍しているジャック・エバンスが契約満了でAEWを去ることになったようです。退団するにあたってエバンスはTwitterでAEWの関係者とファンに感謝を述べました。

AEWでの時間は楽しくて楽しくて仕方がなかったが、4月末の契約終了に伴い、再契約はしないので終わりになった。AEWのみんなとAEWのファンに感謝したい。

高い運動能力と高難度のハイフライムーブで魅せてくれたエバンス。今のAEWで生き残るのは本当に大変ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました