ケニー・オメガ【路上プロレスから世界トップクラスに!危険な名勝負製造機!】

AEW ケニー・オメガ 所属男性レスラー
スポンサーリンク

AEW所属の男性プロレスラー、ケニー・オメガの紹介です。ケニー・オメガの試合動画、プロフィール、キャリア、フィニッシャー(必殺技)、タッグチーム/ユニット、入場テーマ曲、経歴詳細を掲載しています。

試合動画

  • ケニー・オメガ vs ジョン・モクスリー
  • ケニー・オメガ vs レイ・フェニックス

プロフィール

  • 身長:183cm
  • 体重:99kg
  • 生年月日:1983年10月16日
  • 出身地:カナダ、マニトバ州ウィニペグ
  • ニックネーム:ザ・クリーナー、ザ・ベスト・バウト・マシン

キャリア

  • デビュー:2000年
  • 団体インディー転戦(TRCW、PCW、JAPW、DDTなど)新日本など→AEW
 
 

フィニッシャー(必殺技)

  • ワン・ウィングド・エンジェル:片翼の天使。相手を肩車の体勢で担ぎ上げてみちのくドライバーⅡ。
  • V-トリガー:相手の顔面ないし後頭部にランニング・ニー

タッグチーム/ユニット

入場テーマ曲

  • Little V♪Battle Cry
  • Kansas♪Carry On Wayward Son(ジ・エリート①②の入場テーマ曲)

経歴詳細

  • 少年時代は地元の友人たちと本格的なプロレスごっこ(TCWと名付けている)を開催していた。
  • WWE傘下のDSWに参戦していた時期もあるが、WWE流のやり方が合わず退団。一時は引退も考えたが、MMAやブラジリアン柔術の大会に出たことがきっかけで新しいスタイルを習得し、プロレス復帰を決断したという。
  • DDTの飯伏幸太に魅了され、YouTubeなどに自身の試合動画をアップしDDTに売り込んだ話は有名。その後、念願のDDT加入を果たした。
  • そのDDTでは破天荒な試合を連発。路上プロレスや飯伏幸太とのタッグ(ゴールデン☆ラヴァーズ)は伝説になっている。
  • 2014年、DDTから新日本へ移籍。バレット・クラブのメンバーとして名勝負を連発した。
  • 新日本プロレスDOMINION(2018年)でのオカダ・カズチカとのIWGPヘビー級王座戦はデイブ・メルツァー(アメリカの有名プロレスジャーナリスト)の採点で歴代最高の星7つが付けられている。
  • 2019年、ヤング・バックスやコーディ・ローデスらとAEW旗揚げに関わり、AEWの副社長も務めている。
  • かなりのゲーマーとしても知られ、自身の技名はゲーム関係から取り入れている。
  • 日本にいた頃は東京都葛飾区に住んでおり、日本語が流暢。日本の文化、サブカルチャーにも詳しい。
  • 2018年頃から回転性めまいに悩まされていることを公表している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました