レイラ・グレイ

LEILA GREY AEW 所属女性レスラー
スポンサーリンク

【本物のワルに憧れるメギツネ!】AEW所属の女性プロレスラー、レイラ・グレイの紹介です。レイラ・グレイの試合動画、プロフィール、キャリア、フィニッシャー(必殺技)、タッグチーム/ユニット、入場テーマ曲、経歴詳細、エピソード/注目ポイントを掲載しています。

試合動画

  • レイラ・グレイ vs サハラ・セブン

プロフィール

  • 身長:160cm
  • 体重:61kg
  • 生年月日:1990年1月24日
  • 出身地:アメリカ、ニューヨーク州ニューヨークシティ
  • ニックネーム:ザ・ビシャス・ビクセン

キャリア

  • デビュー:2020年
  • 団体インディー転戦(FEW、MPW、CCW、OVW、GLCWなど)AEW/ROH

フィニッシャー(必殺技)

  • フライング・トライアングル・チョーク:飛びつき三角絞め
  • シットアウト・フェイスバスター:相手の頭を掴んで軽くジャンプしながら開脚し、顔面をマットに叩きつける。

タッグチーム/ユニット

入場テーマ曲

  • Si Phelps♪What a Beat What a Beach

経歴詳細

AEW入団前

  • FEWのプロレススクール(レッド・ベルベットもここの卒業生)でトレーニングを積み、2020年に同団体でデビュー。当時の年齢は30歳だった。
  • その後はインディーやAEWダークの試合に数多く参戦。2022年にはOVWでアル・スノー(元ECW/WWE)の指導を受け、OVW女子王座も獲得している。

AEW入団後

  • 2022年7月頃にAEWと正式契約。ジェイド・カーギル率いるザ・バディーズの一員となった。当初はカーギルからなかなか認められなかったが、その後は忠実な子分として重宝されている。レッド・ベルベットやキエラ・ホーガンと比べて「最もバディーズらしいキャラクター」というファンの声も多い。
  • ジェイド・カーギルのAEW退団で、ザ・バディーズが解散した後は出番を失い、ROHを主戦場としている。

エピソード/注目ポイント

  • ニューヨーク生まれのドミニカ系アメリカ人でスペイン語が話せる。
  • 大学時代からモデル、女優、歌手として芸能活動をしていた。その頃はプロレスをあまり観ていなかったという。
  • プロレスを始めるようになって、トリッシュ・ストラタス、メリーナ、サーシャ・バンクス(現メルセデス・モネ)といった”悪女タイプ”のレスラーから影響を受けたと語っている。その中でも特にメルセデス・モネに憧れていて、いつか試合をするのが夢だという。
  • インディー時代はツイン・ピークス(セクシーな服を着たウェイトレスが接客するレストラン)でアルバイトをしていた。
  • 2022年にOVWなどで活躍するインディーレスラー、ルーク・カーティスと婚約している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました