AEWに所属するレスラー以外の出演者

AEWに所属するレスラー以外の出演者 所属の出演者
スポンサーリンク

AEWを盛り上げるレスラー以外の出演者の紹介です。放送に登場する人物(マネージャー、コメンテーター、リングアナウンサー&インタビュアー、レフェリー)のみの紹介ですのでご了承ください。変更があり次第、随時更新していきます。

マネージャー

アレックス・アブラハンテス:【元気を届けるザ・ハイプマン!】ルチャ・ブラザーズなど各メキシコ人レスラーのマネージャー。スペイン語のコメンテーターも務めている。

ドン・キャリス:【非道の限りを尽くす極悪マネージャー!】元レスラーで、ザ・ドン・キャリス・ファミリーのボスでありマネージャー。以前はケニー・オメガのマネージャーだった。新日本プロレスで英語解説を務めていたこともある。

ジェイク・ロバーツ:【貫禄抜群のザ・スネーク!】往年の名レスラーで、ランス・アーチャーのマネージャー。WWEで殿堂入りもしている。今ではほとんどのレスラーが使うDDTの開発者として有名。コーチも務めている。

アーン・アンダーソン:【伝説のジ・エンフォーサー!】往年の名レスラーで、WWEで殿堂入りしている。息子のブロック・アンダーソンのマネージャーをしていたが、現在はコーチ業に専念している。

ブロディ・リー・ジュニア:【成長中のネガティブ1!】故ブロディ・リーの息子で、ダーク・オーダーのリーダー兼マネージャー。AEWの練習生。

ホセ・ジ・アシスタント:【インテリ風武闘派マネージャー!】新日本LA道場で修行を積んだことがある元レスラーで、ラ・ファクシオン・インゴベルナブレのマネージャー。スーツを脱ぐと意外とマッチョ。

“スマート” マーク・スターリング:【嫌味な弁護士風マネージャー!】バーシティ・アスリーツのマネージャー。以前はジェイド・カーギルのマネージャーだった。AEWでは嫌な弁護士のキャラクターで活躍しているが、インディーでは現役レスラーとして試合もしている。

サンジェイ・ダット:【インドの鉛筆おじさん!】TNAなどで活躍していた元レスラーで、ザ・リーサル・コネクションのマネージャー。サトナム・シンのメンター的存在。コーチとプロデューサーも務めている。

レベル:【ブリット・ベイカーの盟友!】チーム・D.M.D.のマネージャー。レスラー登録だが入場テーマ曲もなく、ほとんど試合には出ない。メイクアップアーティストも務めている。

ストークリー・ハサウェイ:【顔に出やすい小物マネージャー!】インディーで活動していた元レスラーで、クリス・スタットランダー、ウィロー・ナイチンゲールのマネージャー。以前はジェイド・カーギルやザ・ファームのマネージャーだった。顔芸に定評がある。

プリンス・ナナ:【陽気なダンシングおじさん!】ZERO-1に来日経験もある元レスラーで、ジ・エンバシー、ザ・モーグル・エンバシーのマネージャー。ガーナの王族の血筋を引いていると自称している。

ルーサー:”タイムレス” トニー・ストームのマネージャー。詳しくはこちらのページで紹介しています。

中澤マイケル:ケニー・オメガのマネージャー。詳しくはこちらのページで紹介しています。

CJ:【魔性の金髪美女!】ラナの名前で活躍していた元ディーヴァで、ミロのマネージャー。ミロとは結婚していたが、現在は別居している。

マザー・ウェイン:【邪悪に変貌したマザー!】ニック・ウェインの母でザ・ペイトリアーキーのマネージャー。クリスチャン・ケイジに何かを吹き込まれ息子と共に悪の道へ走った。

リック・フレアー:【健在!ネイチャー・ボーイ!】往年の名レスラーで、WWEとNWAで殿堂入りしている。スティングの引退にさらなる花を添えるためAEWに登場。その後、アンバサダーに就任した。自身が携わっているエナジードリンク「Wooooo Energy!」はAEWのスポンサーでもある。

コメンテーター

エクスカリバー:PWGなどのインディー団体で活躍していた元レスラー。マスクを着けたまま実況する。マーケティングマネージャーも務めている。

ジム・ロス:WWEで長く活躍していたベテランアナウンサー。WWE、NWA両方で殿堂入りしている。シニアアドバイザーも務めている。

マーク・ヘンリー:WWEで長く活躍していた元レスラー。WWEで殿堂入りしている。コーチやスカウトも務めている。

ポール・ワイト:WWE(ビッグ・ショー)で長く活躍していた巨漢レスラー。日本では大巨人と呼ばれている。AEWでのニックネームはノー・モア・BS。今でもたまに試合に出る。

タズ:ECWやWWEで長く活躍していた元レスラー。ヒューマン・スープレックス・マシンの異名を持つ。チーム・タズのマネージャーも務めていた。

トニー・シャバーニ:WCWで長く活躍していたベテランアナウンサー。シニアプロデューサーとアドバイザーも務めている。

ナイジェル・マッギネス:ROHやTNAで長く活躍していた元レスラー。イギリス的な発音でヒール寄りの解説をするのが特徴。

 

リングアナウンサー & インタビュアー

アレックス・マーベズ:インタビュアー。NFL業界では有名な人らしい。

ダシャ・ゴンザレス:リングアナウンサー兼インタビュアー。プロレス経験もあり、AEWで試合に出たこともある。

ジャスティン・ロバーツ:WWEで長く活躍していたリングアナウンサー。ニックネームはザ・ダッパー・ヤッパー。

レクシー・ナイア:インタビュアー。継父は元レスラーのダイヤモンド・ダラス・ペイジ。夫は同じAEWのビッグ・ビル。

ルネ・パケット:WWEで長く活躍していたインタビュアー。プロデューサーも務めている。夫は同じAEWのジョン・モクスリー。

RJ シティ:インタビュアー。PPVのプレショーでルネ・パケットとトークも担当している。

レフェリー

オーブリー・エドワーズ:DEFYなどで活躍していた女性レフェリー。ゲーム業界で働いていた経験があり、AEWのゲーム開発にも携わっている。プロジェクトコーディネーターも務めている。

 

ブライス・レムズバーグ:CHIKARAなどで活躍していたレフェリー。トラベルコーディネーターも務めている。

マイク・ポージー:TNAやWWEなどで活躍していたレフェリー。元レスラーで、かつてはドロップキック・ポージーと呼ばれていた。

ポール・ターナー:ROHなどで活躍していたレフェリー。

リック・ノックス:PWGなどで活躍していたレフェリー。

ステファン・スミス:WWEなどで活躍していたレフェリー。

ブランドン・マルティネス:WrestleProなどで活躍していたレフェリー。

過去に所属したレスラー以外の出演者

ブランディ・ローデス:コーディ・ローデスの妻で元マネージャー。コーディらと共に団体の立ち上げに貢献した。レスラー登録だがほとんど試合には出ない。

ダン・ランバート:アメリカン・トップチーム(総合格闘技ジム)の設立者で同ユニットの元マネージャー。ブラジリアン柔術の経験者。

タリー・ブランチャード:往年の名レスラーで、WWEとNWAで殿堂入りしている。FTRやタリー・ブランチャード・エンタープライゼスの元マネージャー。コーチも務めていた。娘のテッサ・ブランチャードもレスラーとして活躍している。

ヴィッキー・ゲレロ:故エディ・ゲレロの妻で、ナイラ・ローズ及びビースツ・オブ・バーデンの元マネージャー。Excuse me!!のセリフがお馴染み。コーチも務めている。

ウィリアム・リーガル:WCWやWWEで長く活躍していた元名レスラーで、ブラックプール・コンバット・クラブの創設者及び元マネージャー。高貴なキャラクターからリーガル卿と呼ばれている。コーチも務めていた。息子のベイリー・マシューズ/チャーリー・デンプシーもレスラーとして活躍している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました