スポンサーリンク

AEW: ランペイジ【エピソード1-22】の試合結果 2022年1月7日放送分

AEWランペイジ 試合結果

2022年1月7日放送分のランペイジ【エピソード1-22】の試合結果とハイライト動画です。アダム・コール vs ジェイク・アトラスやダニエル・ガルシア&2ポイント0 vs エディ・キングストン&サンタナ&オルティスのノーDQ戦など4試合が行われます。

アダム・コール vs ジェイク・アトラス

アダム・コールとAEWと契約したばかりのジェイク・アトラスの試合です。

試合は終盤、アトラスがロープに飛び乗り技を狙いますが、これをコールはスーパーキックで迎撃。その時アトラスは膝を痛めてしまい悶絶します。これを見たコールはパナマ・サンライズを止め、膝十字固めに切り替え。アトラスからあっさりタップを奪いました。強度の高い素晴らしい試合だっただけにアトラスの怪我が心配です。

試合後、レッドラゴンのボビー・フィッシュとカイル・オライリーが現れ、コールとともにアトラスを狙います。すると入場曲が流れ、チェーンを拳に巻いたオレンジ・キャシディが登場。それにチャック・テイラーとウィーラー・ユウタも続きます。3人がリングに上がると、コールたちは退散していきました。

フック vs アーロン・ソロ

フックとアーロン・ソロ(With QT・マーシャル)の試合です。

試合はマーシャルの妨害からソロが攻め込みますが、フックは全く動じず。逆にキャプチャー・スープレックスで投げ飛ばすと、最後はレッドラムで絞め上げ、ソロからタップを奪いました。

試合後、マーシャルがフックにいちゃもんをつけますが、片羽絞めスープレックスで投げ飛ばされてしまいました。

ドクター・ブリット・ベイカー・D.M.D.&ジェイミー・ヘイター vs 里歩&ルビー・ソーホー

ドクター・ブリット・ベイカー・D.M.D.&ジェイミー・ヘイター(With レベル)と里歩&ルビー・ソーホーのタッグ戦です。

試合はベイカー組がソーホーを捕まえ主導権を握る展開。しかし終盤、ソーホーが里歩と交代すると流れが一変。里歩は素早い動きでベイカー組を翻弄します。すると焦ったヘイターが強烈なエルボーをベイカーに誤爆。里歩はその隙をついてヘイターを丸め込み、3カウントを奪いました。

試合後、エルボーを受けたベイカーはヘイターを小突いて不満をあらわにしました。

ダニエル・ガルシア&2ポイント0 vs エディ・キングストン&サンタナ&オルティス

ダニエル・ガルシア&2ポイント0【ジェフ・パーカー&マット・リー】とエディ・キングストン&サンタナ&オルティスのノーDQ戦です。

試合は終盤、ガルシアがゴングでキングストンを殴打してカバーしますが、キングストンはこれをカウント2で返す根性を見せます。するとサンタナ&オルティスが反撃。リング上でガルシアを蹴散らすと、パーカーにキック→延髄斬り→ローリング・ラリアットのコンビネーション攻撃。最後はサンタナがパーカーを押さえ込み、3カウントを奪いました。

試合後、ガルシアたちはキングストンをロープに固定して暴行を加えますが、クリス・ジェリコが実況席から駆けつけ、キングストンを救出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました