スポンサーリンク

AEW: ランペイジ【エピソード14】の試合結果 2021年11月19日放送分

AEWランペイジ 試合結果

2021年11月19日放送分のランペイジ【エピソード14】の試合結果とハイライト動画です。ネタバレを含みますのでご注意ください。

ダービー・アリン vs ビリー・ガン

ダービー・アリン(With スティング)とビリー・ガン(With オースティン・ガン、コルトン・ガン)の試合です。

試合は序盤からビリー・ガンのペース。パワーの差を活かしてアリンをじっくり痛めつけます。中盤、アリンは場外にいたビリー・ガンめがけてトペ・スイシーダを狙いますが、避けられて鉄柵に激突。流れに乗ることができません。そのまま終盤に入ると、ビリー・ガンはコーナーにもたれかかっていたアリンにスプラッシュを狙います。しかしこれを避けられターンバックルに激突します。やっとチャンスが訪れたアリンはスタナーからのコード・レッドで反撃。そして最後はコフィン・ドロップを2発決め、ビリー・ガンから3カウントを奪いました。

試合後、オースティン・ガンとコルトン・ガンがアリンとスティングを襲いますが、逆にスティングの反撃を受け場外に排除されてしまいます。しかしここで復活したビリー・ガンがスティングを後ろから攻撃。さらに強烈なパンチを叩き込みます。スティングは立ち上がることができず、ガン・クラブの3人は勝ち誇ったように手を上げました。

ジェイド・カーギル vs レッド・ベルベット

ジェイド・カーギル(With スマート・マーク・スターリング)とレッド・ベルベットのTBS王座トーナメント準々決勝です。

序盤はパワーで勝るカーギルがフォールアウェイ・スラムやエプロンでのロック・ボトムなどで試合を優勢に進めます。レッド・ベルベットも中盤、フェイスバスターからランニング・ダブル・ニーを決めますが、カーギルのポンプ・キックで反撃され、畳みかけることができません。終盤、レッド・ベルベットはスピアーからチャンスを作り、ファイナル・スライスを狙います。しかしそれをカーギルはギリギリで回避。逆に必殺のジェイディッドを決め、3カウントを奪いました。

アダム・コール&ボビー・フィッシュ vs ジュラシック・エクスプレス

アダム・コール&ボビー・フィッシュ組とジュラシック・エクスプレス(ジャングル・ボーイ&ルチャサウルス)のタッグ戦です。

試合は序盤、中盤と互いに良いチームワークとテンポの良い攻防を見せる締まった展開に。混戦のまま終盤に入り、リング上にはフィッシュとジャングル・ボーイ。フィッシュにチャンスが訪れると、ジャングル・ボーイにドラゴン・スクリューを決めます。さらに畳みかけようとジャングル・ボーイに突っ込んでいきますが、ジャングル・ボーイはカウンターで投げ飛ばし、フィッシュをターンバックルに激突させます。するとここでヤング・バックスが登場。ジャングル・ボーイとルチャサウルスは気を取られてしまいます。しかし、その後ろから今度はパイプ椅子を持ったクリスチャン・ケイジが現れ、ヤング・バックスを追いかけまわします。コールも一緒にクリスチャンから逃げたため、リング上ではフィッシュが孤立。最後はジャングル・ボーイがスネア・トラップを決め、フィッシュがタップアウトしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました