スポンサーリンク

AEW: ランペイジ【エピソード16】の試合結果 2021年12月3日放送分

AEWランペイジ 試合結果

2021年12月3日放送分のランペイジ【エピソード16】の試合結果とハイライト動画です。ネタバレを含みますのでご注意ください。

サミー・ゲバラ vs トニー・ニース

TNT王者サミー・ゲバラとトニー・ニースのTNT王座戦です。

試合は序盤から両者素晴らしい動きで一進一退の攻防が続きます。そのまま終盤に入ると、ニースはエルボーの打ち合いからゲバラをパワーボムでターンバックルに叩きつけ、ランニング・ニースを狙います。しかし走り込んできたところにゲバラがカウンターのポンプキック。最後は必殺のGTHを炸裂させニースから3カウントを奪いました。

ジェイド・カーギル vs ジャナイ・カイ

ジェイド・カーギルとインディーレスラーのジャナイ・カイの試合です。試合前に次のTBS王座トーナメントでカーギルと対戦するサンダー・ローサが実況席に加わりました。

試合はカーギルが強烈なポンプキックからジェイディッドを決め、カイから1分もたたずに3カウントを奪いました。

試合後、カーギルはローサを誘い出すかのようにカイに暴行を加えます。するとすぐさま実況席のローサが反応。リングに上がると2人は乱闘になります。しかしここはレフェリーたちが止めに入り、2人を引き離しました。

デス・トライアングル vs FTR

デス・トライアングル(PAC&ペンタ・エル・セロ・ミエド、With アレックス・アブラハンテス)とFTR(ダックス・ハーウッド&キャッシュ・ウィーラー、With タリー・ブランチャード)のタッグ戦です。

試合はFTRの2人が巧みな連携でPACを孤立させ、主導権を握ります。苦しい展開のデス・トライアングルもPACが何とかペンタに交代すると反撃開始。ペンタはスリング・ブレイドやバックスタバーでFTRを翻弄します。その後再びPACと交代すると、PACは場外のFTR2人にムーンサルト・プレス。ハーウッドをリングに戻して畳みかけようとします。しかしここでマラカイ・ブラックが乱入し、PACの顔にブラック・ミスト。ハーウッドがそのまま押さえ込みPACから3カウントを奪いました。

試合後、FTRはペンタを暴行してマスクをはぎ取ってしまいます。さらにブラックはリングに上がると、倒れているPACの目に指を入れえぐります。ブラックの指には血が付いていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました