サトナム・シン

SATNAM SINGH IS ALL ELITE 所属男性レスラー
スポンサーリンク

AEW所属の男性プロレスラー【”インドの新大巨人”】サトナム・シンの紹介です。サトナム・シンの紹介動画、プロフィール、経歴、フィニッシャー(必殺技)、タッグチーム/ユニット、入場曲、補足情報を掲載しています。

紹介動画

  • ジェフ・ジャレット & サトナム・シン vs ザ・ボーイズ【ブランドン & ブレント】

プロフィール

  • 身長:218cm
  • 体重:160kg
  • 生年月日:1995年12月10日
  • 出身地:インド、パンジャーブ州バルナーラー県
  • ニックネーム:なし

経歴

  • デビュー:2022年
  • 団体AEW

フィニッシャー(必殺技)

  • チョークスラム
  • スピニング・クルシフィックス・トス:ハイジャック・バックブリーカーの体勢から回転し、その勢いのまま相手を無造作に投げ捨てる。スラッシュ・アンド・バーン/アイ・オブ・ザ・ストームと同型。

タッグチーム / ユニット

  • ザ・リーサル・コネクション:& ジェイ・リーサル、ジェフ・ジャレット(With サンジェイ・ダット)

入場曲

  • Mikey Rukus♪My World & Circumstance(ザ・リーサル・コネクションの入場曲)

補足情報

プロバスケットボール選手からAEWのプロレスラーに

  • インドの小さな村で生まれ育ち、9歳からバスケットボールを始めた。インドのバスケ界で注目を集めると2010年に渡米し、2015年のNBAドラフトでダラス・マーベリックスから52位指名された(インド人で初めてNBAのチームにドラフトされた選手)。
  • 残念ながらトップでプレーすることはできず、傘下のテキサス・レジェンズやカナダのチームでプレーしていた。インド代表にも選ばれていたが、2020年にドーピング検査に引っかかってしまい2年間の出場停止になっている。
  • バスケの現役選手だった2017年にWWEのトライアウトに参加したこともあるが、そのときは契約に至らなかった。
  • 2021年の秋にAEWと契約し本格的にプロレスの世界へ。コーディ・ローデスとQT マーシャルが主宰するナイトメア・ファクトリーでトレーニングを積み、2022年の6月にデビューした。
  • まだ経験が浅いため、ベテランのジェイ・リーサルやジェフ・ジャレットとタッグを組み、プロレスを勉強している。また、同じインド出身のサンジェイ・ダットは良いメンター的存在。

大巨人ならではのエピソード

  • 少年時代から圧倒的な体格で、9歳の頃175cm、14歳の頃には198cmになっていた。手や足も大きく、友人や村人たちの目にはバスケットボールが手の中に飲み込まれていくように見えたという。
  • 同じく2m超える大巨人ポール・ワイトから大巨人レスラーとしての立ち振る舞いを学んでいるという。サンジェイ・ダットも「俺やリーサルとは視点が違うから、ポールの言うことを黙って聞くように」とアドバイスしている。また、本人はいつかワイトと試合がしたいと話している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました